うつ診断を受けよう【専門医に相談してうつ病を治す】

精神疾患の症状と治療

ハート

自己判断方法と治療方法

過度なストレスは、適応障害やうつなどの精神疾患を引き起こすことがあります。このような精神疾患は、早めに気づいて治療を行うことが何よりも重要になります。発見が遅れると、症状が悪化してしまった場合は完治が非常に難しくなるためです。長期間の投薬、場合によっては入院の必要があることもあります。そのため、おかしいと感じたらなるべく早めに自己診断を行い早めに病院へ行きましょう。さて、うつ病かどうかを自分で知るためには、まずは特徴的な症状を知っておきましょう。よくある症状としては、倦怠感や、疲労感、だるさを慢性的に感じるというものです。楽しいことをしても気分が晴れない、何をしても嬉しさを感じないなどの感情が続くこともあります。また、朝起きられなくなった、夜寝られなくなった、眠っても疲れがとれないなどの睡眠障害もよくある症状の一つです。一週間以上そのような状態が続いたら、注意が必要です。他にも、頭痛、めまい、吐き気などの風邪のような症状が出ることもあります。風邪との違いは、熱や喉の痛み、せきなどがでないということです。また風邪であれば、自然と症状は和らぎますがうつの場合は、症状の緩和はおこりません。このようなことを基準に、自己診断を行いましょう。また、インターネットを使えば、簡単に自己診断が出来るサイトを見つけることが出来ます。簡単な質問項目に答えていくだけでうつかどうか知ることが出来ますので、そのようなサイトも利用してみましょう。診断結果は、実際に病院を受診したときに参考にすることもあります。では、実際に治療ではどのようなことを行うのでしょうか。まずは、病院選びからスタートします。うつの治療のためには、心療内科や総合病院の精神科などを受診しましょう。このような場所に抵抗がある人も多いですが、心療内科や精神科はスタッフも多く落ち着く待合室の造りになっていますので、安心して受診出来ます。初診では、まずは精神疾患かどうか診断するために、様々な検査を行います。血液検査や尿検査など、普通の病院でもよくある検査から行い、その後医師との対話による診断を行います。仕事のことや家族関係、恋愛関係のことなど様々なことを聞かれますので、答えられる範囲でしっかり答えましょう。その中で、ストレスの原因を探り診断を行っていきます。自分では気づかないストレスを抱えていることもありますので、出来るだけ正直に答えましょう。うつであると病院で正式に診断されたら、早速治療を開始します。治療は、カウンセリングや投薬が主になります。投薬は抗うつ剤と呼ばれる種類を処方され、精神安定などの効果があります。長く使っていくことで徐々に効果が現れ、症状の緩和を期待出来ます。またカウンセリングでは、医師との対話を通してコミュニケーション力を高め、ストレスを緩和させる働きが期待出来ます。また定期的に悩みを吐き出すことで心をコントロールすることが出来るようになります。うつの治療は時間がかかりますが、きちんと治療を続ければ確実に良くなっていきます。焦らずゆっくり治療していくという気持ちが大切になります。

Copyright© 2018 うつ診断を受けよう【専門医に相談してうつ病を治す】 All Rights Reserved.