うつ診断を受けよう【専門医に相談してうつ病を治す】

病気から身を守る方法

カウンセリング

症状の特徴と治療

うつ病は、見た目ではそうであると分かりにくい病気です。症状の特徴として、倦怠感や絶望感など精神的なものが多いのが、その理由です。またうつ病になってしまいがちな人は、責任者が強く、他人に心配をかけてはいけないという強迫観念から、見た目では明るく普通に振る舞う人が多いので他人が気づきにくいということもあります。そのため、発症してしまった場合は自分で病気に気付き、対処する必要があります。そのために、まずは日頃から自己診断するくせをつけておくと良いでしょう。自己診断は、インターネットにて簡単に行えます。簡単な設問にはい、いいえなどで答えるだけで、うつの可能性があるかどうかをチェック出来ます。ただし、あくまで自己判断になりますので、病気であるという正式な判断は医師が行わなくてはなりません。よって自己チェックにて可能性が高いと診断されたら、すぐに病院へ行きましょう。病院では、設問の他に脳の検査や血液検査など、体についても入念に検査を行い、診断をくだします。症状によっては、頭痛や吐き気など風邪に似た症状が出ることもあるので、このような検査も必要になるのです。また治療を開始するにあたっては、家族や会社のサポートは必要になりますので、親しい人や上司には報告するようにしましょう。仕事よりも、自分の健康な体を維持する方が大切ですので、まわりの理解を得るというのは重要なのです。なぜなら治療では、抗うつ剤や通院によるカウンセリングが主となり、長期間の時間が必要になるからです。健康第一に考え、発症してしまった場合は治療に専念することを心がけましょう。
うつ病の治療は、薬の服用とカウンセリングが中心になります。治療で取り扱う抗うつ剤と呼ばれる薬は、長期間服用することで、倦怠感や不安感などの精神的症状を和らげる効果を持っています。様々な種類があり、医師の診断のもと、一人一人に合った適切なものを処方されます。飲み始めたらすぐ効果が現れるというものではなく、少しずつ効果が現れるという特徴があるので、根気強く服用を続けることが重要です。また、症状によっては睡眠薬などの特殊な薬を処方されることもあります。このような薬は特別ですので、必ず用法用量を守り、医師の診断のもと他の薬との併用に気を付けながら服用するようにしましょう。抗うつ剤によって少しずつ症状が緩和されていったら、徐々に薬の強さや量を減らしていき、最終的には服用しなくてもよくなるまで様子を見ていきます。症状が比較的軽い場合でも、完全完治するのには一年程度かかると覚えておくと良いでしょう。また、治ったと確信したあとも、再発することも少なくありませんので、定期的にカウンセリングに通うこともおすすめです。また、そもそもうつ病を発症させないために、日頃からストレスへの対策方法を確立させておくことも重要です。自分なりの趣味を見つける、誰かに相談するなど、ストレスと上手に付き合うことで、発症を予防出来ます。回りに悩みを相談出来るような人がいない、という場合は、匿名での電話相談サービスなどのサービスを利用すると良いでしょう。自身の心と体の健康を維持するために、自分なりの方法を見つけておくことが大切です。

Copyright© 2018 うつ診断を受けよう【専門医に相談してうつ病を治す】 All Rights Reserved.